申請許可保証!

申請不許可なら100%返金保証

KiND行政書士事務所なら
申請が「不許可」の場合は再申請が無料
また、再申請が不許可になっても
「再々申請」または費用を全額返金します。

実績No.1 KiNDが選ばれる3つの理由

業界最安の価格設定 Service Price

技術・人文知識・国際業務 59,800(税別)
技能 59,800(税別)
企業内転勤 79,800(税別)
永住ビザ 89,800(税別)
変更更新申請 26,800(税別)
業界最安7万円で訪日時に必要な在留カード・住民票・銀行口座・携帯電話・不動産の取得・申請をすべて代行!ワンストップオプションサービス

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「研修編」

在留資格の「研修」では、外国人が日本で技術・技能・知識を習得し、それを本国に持ち帰ることで文化交流の発展に寄与させることを認めています。企業でも、海外支社から外国人社員を呼び寄せて教育する場合に研修ビザが活用されています。それでは研修ビザについて詳しく見ていきましょう。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「特定活動編」

在留資格の「特定活動」では、指定する活動類型に分類することができない活動を個別に認めています。たとえば、外交官の家事使用人、アマチュアスポーツ選手、インターンシップ留学生、EPA外国人看護師・介護福祉士候補者などが該当します。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「技能ビザ編」

外国人が日本に入国したあと、さまざまな活動を行うためには在留資格を取得する必要があります。在留資格は法律で27種類に分けられ、それぞれで要件、在留期間が定められています。このうち就労が認められる在留資格の「就労ビザ」は17種類あります。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「技術・人文知識・国際業務編」

在留資格の「技術・人文知識・国際業務」では、外国人が自然科学・人文科学・外国文化のいずれかに精通した知識が求められる仕事に就くことを認めています。今後は、企業による柔軟な外国人採用が期待されます。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「興行編」

在留資格の「興行」では、外国人の俳優、歌手・ミュージシャン、バレエダンサー、プロスポーツ選手などが日本で活動することを認めています。俗にエンターテインメントビザ、芸能ビザとも呼ばれます。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「企業内転勤編」

在留資格の「企業内転勤」では、外資系企業などが、海外本店の外国人社員を日本支店に転勤させることができる就労ビザです。業務内容は「技術・人文知識・国際業務」ビザと同じものになります。

初めてでもよくわかる!就労ビザ(在留資格)の取り方 「経営・管理編」

在留資格の「経営・管理」では、会社経営・管理の仕事をすることを認めています。以前は「投資・経営」という名称で、外国資本との結びつきに制限がありましたが、2015年の改称とともに規制を撤廃。外国人による国内企業の経営も行うことができるようになりました。